技あり!ウィッグ通販6サイト

HOME > ウィッグについて > 利用目的別ウィッグを理解しよう

利用目的別ウィッグを理解しよう

 ウィッグの利用については、毎日使う方もいれば、たまに使うという方もいると思います。
ウィッグは、その利用目的によって、選ぶ際の基準やタイプが異なってきます。
まずは、薄毛対策としてのウィッグについて考えてみましょう。
加齢などにより髪のボリュームが減り地肌が見えてしまう、髪にコシがなくなったせいでセットしても頭頂部がペチャンコになるなど、髪のお悩みを持つ人は、意外に多いでしょう。
そんな場合は、髪にボリュームを与えるタイプのウィッグを選びましょう。
気になるつむじ部分を隠す部分ウィッグ、頭全体を覆うフルウィッグのどちらかを選びますが、自然に見えるためには、やはりオーダーメイドがおすすめになります。
オーダーメイドですとかなり割高になりますが、その分、自分自身にぴったり合ったものになりますし、後々のお手入れに関しても丁寧なサポートが期待できるでしょう。

 次に医療用ウィッグですが、これは抗癌剤やケガの影響に苦しむ方のためもので、頭皮に余計な刺激を与えないように、また着脱時に患者さんの負担がより少なくなるよう、素材やかぶる部分などの仕組みに、色々な工夫がされています。
医療用のウィッグは、基本的には専門店での購入がベストです。
ただし、購入にあたっては、スタッフの訪問サービスや通販取扱いサイトなどもあります。
店舗へ行くのが困難であれば利用をおすすめします。
どちらも、試着サービス付きなどで、いくつか試して、自分に合うものを選びましょう。
医療ウィッグの価格は、全体に高めで、オーダーメイドになるとさらに高額になります。
医療費とあわせると負担が大きくなるため、ウィッグを寄付してくれるポランティア団体などを活用してみるのも良いでしょう。

 おしゃれ用としてウィッグを着用することも、最近は特に増えてきているようです。
イベントの時にだけ衣装に合わせたウィッグを付けてみようとか、今の髪型をキープしながら、おしゃれなヘアスタイルを試してみたいなど、用途は実に様々だと思います。
これらの希望に合わせた形で、髪の長さやヘアスタイル、さらにはパーマの有無や髪色など、おしゃれ用ウィッグには、実に様々な種類があります。
中にはコスプレ専用のものもあり、インターネットで手軽に購入することもできます。
このようなファッションアイテムとしてのウィッグは見ているだけでも楽しいものです。
いつもとは違う自分を演出するにはとてもふさわしいといえるでしょう。
また、自分自身に似合う髪型を考える際に、とりあえずお試しとしてウィッグを活用してみるのも良いかもしれません。

次の記事へ

MENU