サッカーのユニフォームを作成するコツ

サッカーのユニフォームを作成する時に知っておきたい知識です

サッカーユニフォームの作成を考えている方に参考になるお話

社会人のクラブチームや子供のサッカー少年団などで、オリジナルのユニフォームを作成するためには様々な手順があります。メンバー全員の意見をすべて聞いていたら、まとめるのが大変です。そこで、ざっくりでもいいので、チームのイメージを確定します。そこから、決めなくてはいけない項目を決めていくとスムーズでしょう。全員の思いを反映させられるように、作る前段階での話し合いや意見交換をおこなう必要があります。いざ出来上がったものをみて、思ったのと違う、やっぱり着たくない、こんなはずじゃなかったということにならないためにも、細かい打合せ、出来上がりイメージのチェックなどを確実におこなって、後悔しないようにしなくてはなりません。納得のいくものが出来上がれば、試合や練習への意気込みも変わってくるものです。

カラーの選択によって生じること

実際にサッカーのユニフォームを作成するために決めなくてはいけないことは、使用するカラー、デザイン、マーキングの3種類です。ユニフォームは1stカラーと2ndカラーの2色を準備する必要があります。ホームでの公式試合時には1stカラーのものを使用する優先権を持ちますが、練習試合などではお互いに1stカラーを着用します。やはり、自分たちの好きな色やチームのイメージに合うように作っているため、優先的に着用したいと考えるためです。しかし、1stカラーが同系統の色の場合は、どちらかが2ndカラーを着用しなくてはいけません。審判など、チーム外の人間やチームメンバー同士がわかりやすくするためです。そのため、人気のあるカラーを選択すると、1stカラーを着るチャンスが無くなることが多くなりがちです。

デザインやマーキングを選ぶ時には

好きなサッカーチームのデザインを参考にすると、よりイメージに近いものが出来上がるでしょう。シンプルなものから個性あふれるもの、生地の素材や機能性などにもこだわると良いでしょう。見た目のかっこよさも大切ですが、着用して動かなくてはならないので、着心地の良さも重要になってきます。デザインが決まったら、マーキングを決めます。マーキングとは胸ロゴや背番号などのマークを取り付けることですが、どの位置に、どのような文字種を取り付けるのかによって、印象も変わってきますので、慎重に決めると良いでしょう。カラー、デザイン、マーキングの3つの組み合わせで、完全オリジナルのものが作成することができます。色々なサンプルを見て、どのようなイメージがチームのイメージに合うのかを模索するとうまくいくのではないでしょうか。